在宅で楽に稼げる副業・サイドビジネス?初心者でも安心?ネットには初心者を陥れる罠がたくさん!ネット詐欺データベースで事前防御を!

ドロップシッピングの甘い罠〜インターネット副業詐欺DB〜

ドロップシッピングの甘い罠〜インターネット副業詐欺DB〜

ネット詐欺の恐怖!

ネット詐欺とは、所謂サイバー犯罪(サイバーはんざい)のこと。
主にコンピュータネットワーク上で行われる犯罪の総称。近年犯罪数や規模が増加している。 ネットワーク上の不法取引やデータの大量配布による著作権侵害、法律に違反するデータの公開などが主だが、その他に匿名掲示板を用いた信用毀損や業務妨害などもある。国によって適用する法律が異なる。 ネットワークが世界規模(ワールドワイド)であることやコンピュータの発達、新技術などを用いた手口の巧妙化などを背景に、これら犯罪は複雑化と高度化が進んでいる。

日本のネット犯罪対策

  • 警察庁はサイバー犯罪対策として1997年9月18日に情報システム安全対策指針を制定し1999年11月22日一部改正。その後2000年2月に警察庁情報セキュリティ政策大系を制定し2004年8月に新たに警察庁情報セキュリティ政策大系-2004を策定、2005年に警察庁情報セキュリティ重点施策プログラムを策定した。その他サイバー犯罪の予防策・対処法を啓発するとともに、毎年総合セキュリティ対策会議を開催している。
  • 警察庁には情報通信局情報技術解析課のサイバーフォースセンター(サイバーテロ対策技術室)、生活安全局の情報技術犯罪対策課がある。
  • 日本全国の警察本部にはサイバー犯罪対策室があり、東京都の場合は警視庁ハイテク犯罪対策総合センターがある。
  • 内閣は2000年に成立した高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)に基づき2001年に高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)を設置した。内閣官房には情報セキュリティセンターと情報通信技術(IT)担当室(内閣官房IT担当室)があり、「IT安心会議のホームページ」の開設もしている。
  • 総務省は情報流通行政局情報流通振興課に情報セキュリティ対策室を設置、経済産業省は商務情報政策局情報経済課に情報セキュリティ政策室を設置している。総務省と経済産業省は連携プロジェクトとしてサイバークリーンセンター運営委員会のもとコンピュータウイルス対策のサイバークリーンセンターを運営している。
  • 防衛省には共同の部隊の自衛隊指揮通信システム隊と、陸上自衛隊のシステム防護隊がある。
  • 2011年6月17日にサイバー犯罪に対応すべく、サイバー刑法(情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律)が成立し、刑法その他の関係法令が改正された。

事例

  • 2011年 1月16日 パチンコの業界団体「東日本遊技機商業協同組合」を解雇された元顧問であったソフトウェア開発会社の社長が、その団体のサーバに侵入し、秘密情報を取得し不正競争防止法などの疑いで逮捕された。団体理事長の会社に損害を与えようと、情報をもとに文章を作成し、加盟各社に送付していた。2009年4月改正後、初適用。
  • 2011年 1月27日 フェイスブックに、連続して不正なメッセージを掲載されたと報道された。まず、1月23日の日曜日の夜、フランスのニコラ・サルコジ大統領が、「私は辞任します」という偽情報が掲載された。続いて、1月27日 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOのファンページにも偽情報が書き込まれた。また、Facebookは1月25日、7月1日からすべてのFacebookゲーム開発者に、同社の仮想通貨システム「Facebook Credits」を使った決済処理を義務づける。と報道されている。

▲このページのトップへ戻る